お風呂で汗を出して睡眠の質を高める

お風呂で汗を出して睡眠の質を高める

 

寝る前にぬるめのお湯につかってからしばらくくつろぎ、

 

汗が引いて体温が下がると眠くなります。入浴をして体温

 

が上がった状態ではいつまでたっても眠くなりませんが、

 

体温が下がってくるとだんだん眠気が襲ってくるのです。

 

だからわたしは毎晩のように入浴しています。シャワーの

 

方がいいと思うような気温が高い日でも関係なく入浴して

 

います。それもぬるめのお風呂じゃなく、40度以上のお湯

 

につかって頭から汗が滝のように出てくるまでお湯につか

 

り続けることも珍しくありません。

 

汗を出した方が体温が下がりやすいので、わたしは睡眠の

 

質を高めるためにわざと温度が高いお湯に長くつかって汗

 

を出すのです。どこまで汗が出るんだろうと思うような汗

 

の出方をするときがありますが、そのくらい汗が出続ける

 

とお湯から上がった後はスッキリします。

 

体の中の毒素と精神的なストレスが全部出たような感じに

 

なります。睡眠の質を高めるために、わたしはこの方法が1

 

番気に入っています。汗を意識的に出すことは1日1回やる

 

とやらないのとでは大違いです。

 

運動で汗が出ない人でも入浴なら汗を出すことができるで

 

しょう。睡眠の質を高めるためにお風呂タイムを最大限に

 

利用してもらいたいです。